薬剤師の状況

薬剤師不足も深刻な問題になっています。
薬科大学が4年制から6年制に移行された為2年間は新卒薬剤師はいなかったのですが、
2012年には今までの2倍の14000人前後の薬剤師が誕生すると予想されています。

 

しかし果たしてその薬剤師が地方での就職を望んでいるのでしょうか? 新卒の薬剤師の
特徴として地元で就職する、住みやすいと思われる大都市で就職することが多いようです。

 

企業に魅力を感じて全くしらない土地での就職はなかなか受け入れられないようです。
また転勤の多いMRも敬遠されがちです。

 

薬剤師の多くは製薬会社あるいは調剤薬局への就職を希望します。保健所などで勤務する
公務員志望の薬剤師も少なからずいますが、かなりの狭き門となっているのが現状です。

 

ドラッグストアは求人側からは採用意欲が旺盛ですが薬剤師サイドから見ると
薬剤師としての仕事以外が目立つ仕事の為、人気としては低いものとなってしまっています。
当然不人気であれば報酬は高く設定されています。

 

最近の不況で短時間でも仕事をしようと考える薬剤師が増えてきましたが、
短時間労働者は雇う側すれば扱いが難しいので敬遠されています。

 

そのため仕事を見つけづらいと考える薬剤師の方は報酬の少し高い
ドラッグストアを探してみるのもよい手段ではないでしょうか?

薬剤師の求人 ファーマネクスト静岡に悩んだらインターネットで転職支援会社に相談してみて下さい。